> 貸付金利が低くなった消費者金融

貸付金利が低くなった消費者金融

以前の消費者金融ではグレーゾーン金利で貸し付けていましたが、
現在では利息制限法の上限までと決められています。

消費者金融の金利は利息制限法で決められれている

消費者金融の貸付金利はこの利息制限法にのっとって決められています。
利息制限法では借入金額に応じて上限利息が変わる仕組みになっていて、
10万円未満の場合は年20%まで、10万円以上100万円未満の場合は18%まで、
100万円以上の場合は15%までとなっています。
この利息制限法の上限金利より、貸付金利のほうが低くなっています。

たとえば10万円を借り入れして、貸付金利18%で30日間で返済したとすると、
利息のお支払いはわずか1479円です。
利息は日割計算で付きますので、早く返済するほど利息のお支払いは少なくなります。
消費者金融によって貸付金利はまちまちです。
それほど大きな差はありませんが、借入金額が多いと返済期間も長引き、
すこしの貸付金利の差がのちのち大きな差になって現われることがあります。
出来るだけ低い貸付金利からお金を借りたいところです。

初回の利用で短期での返済見込みがある場合は無利息期間のある業者を利用する

初回のご利用限定で無利息期間を設定している場合もありますので、
すぐに返済できる見込みがあるときはお申込みしてみてください。
無利息期間中に借りたお金を返済すれば利息のお支払いはありません。
無利息期間が過ぎた後は通常の利息に戻ります。

もし返済に困ってしまい延滞してしまうと遅延損害金が発生し、
せっかくの無利息期間が無駄になるので、無利息だからといって
無計画に利用されると後で大変です。